ごあいさつ


 はじめに、熊本地震により被害を受けられた関係各位の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、東日本大震災後の復興も道半ばであることを踏まえ、これら被災地の早期復興に向け微力ながら尽力させていただく所存でございます。

 昨今、私共を取り巻く社会情勢は予断を許さない、大きな変化の渦中にあり、それに伴う人々の価値観や認識も、多彩に変化、変貌を遂げ続けております。

 公共事業のあり方についても、その妥当性や環境保護の観点等から、世間の目は大変厳しいものでありつつも、被災地の早期復興や減災、防災を見据えた、新たな社会資本整備に加えて、老朽化した社会資本の修復、改善を急ピッチで遂行する必要性が叫ばれております。

 さて、後段に当社の掲げる社訓をご紹介させて頂きました、この変化に富んだ時代の中で迅速に対応しながら精密かつ正確な業務遂行をもって、各起業者の計画的な事業推進に寄与することが即ち、私共の社業が広く社会貢献出来るものと自覚して、社員各々が日夜研鑽を重ねることを示唆したものです。

 これからも当社は、補償コンサルタント業を基幹業務とし、この変化を続ける時流の中で益々専門的かつ多種多様化すると思われる、公共事業用地の取得に伴う補償事案を起業者の皆様と共に早期解決し、強靱な国土造りの実現に寄与出来ることを切望している次第でございます。

 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

社訓